中食とは?外食より安く自炊より楽なので忙しい一人暮らしにおすすめ

あなたは中食という言葉を聞いたことがありますか?中食は忙しい一人暮らしの食生活には欠かせないものですよ。ここでは、中食について、メリットやデメリット、中食のおすすめについてご紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル大

中食とは?外食や内食との違いは?

さて、中食の意味とはなんでしょう?中食とは【なかしょく】と呼ばれ、スーパーやコンビニ、総菜屋や弁当屋、パン屋で調理された総菜や弁当、パンなどの食品を買って、自宅で食べることを言います。

または宅配ピザや出前、宅配弁当のように宅配された食品を自宅で食べることも中食になりますね。

そして、外食は、レストラン、定食屋、ファーストフード店の店舗などで食事をすること内食は自炊もしくは家族が作った料理を自宅で食べること、ですね。

中食と外食の違い:自宅で食べるか店舗で食べるか

中食と内食の違い:調理済みのものを食べるか自分(または家族)が作ったものを食べるか

と言えますね。

中食のメリット

中食のメリットはたくさんありますよ。以下、挙げていきます。

外食より安い

基本、お弁当やお惣菜を買って食べることで、外食よりも安く済みます。定食屋で定食を食べる場合、大抵700円以上はかかりますが、お惣菜屋のお弁当であれば、400円~600円位、安いものなら300円台のお弁当もあり、定食屋の半額ほどで済んでしまいますね。

蕎麦屋や街の中華料理屋などの出前も、お店で食べる時と同等の価格で食べられるので、外出しなくていい分お得に感じますよね。ただ、一人暮らしの場合、一人前から出前をやっているところは少ないので活用の機会はあまりないかもしれません。

例外は、宅配ピザですね。宅配ピザなどは実はかなり割高な価格設定で、同じ価格でもっと安くピザを食べられる店舗は結構たくさんあります。宅配ピザを頼む際は、割引を最大限生かして注文したいところですね。

自炊より楽

中食は調理済みですぐに食べられるため、自炊より楽です。わたしのように仕事が忙しくてあまり自炊をする時間のない一人暮らしには、中食がないと生活していけないというのが実情です。

食材を無駄にしない

自炊だと野菜や肉、調味料などを買って料理をした結果、どうしても余った食材が出てきます。それをまた次回料理する際にうまく使っていければいいんですが、忙しい一人暮らしはなかなかそこまで気が回りません。結果、食材を無駄にしてしまうことも。

野菜や肉はなんとか使い切ったとしても、調味料は消費期限までに使い切れず、余ってしまうんですよね。

その点、中食なら調理されたその食品を残さず食べればいいだけなので、何の問題もありません。もちろん、自分が食べきれる範囲で購入するようにしましょうね。

一人分なら安くつく

一人暮らしで自炊して料理を作ろうとする場合、食材を買い集めると意外に高くつくことが多いです。

冬にお鍋でも作ろうとしても、白菜、ネギ、豚肉(鶏肉)、シイタケ、豆腐、お鍋のダシのような基本的な食材を最低限買っただけでも、結構な出費となってしまいます。これなら、スーパーで売っているパックの鍋を買って食べた方が安くつくかもしれません。

お鍋以外にも、色々な食材を少しずつ使うような料理の場合は、中食として調理済みのものを買った方がはるかにお安く済むことでしょう。

スーパーなら割引になる

これも大きなメリットですが、スーパーであれば、夕方から夜にかけてお惣菜やお弁当が割引になります。徐々に割引率の高いシールが貼られて、最終的には半額シールが貼られます。

割引になったからと言っていきなり味が落ちるということもなく、その日のうちに食べれば何の問題もなく、美味しくいただくことができます。

わたしは仕事の帰り道の途中、スーパーに立ち寄り、割引になったお弁当やお惣菜を買って、それを夕食にすることが多いです。

また朝出勤途中にもスーパーに寄ってお昼を買うんですが、スーパーによっては朝もサンドイッチやいなり寿司、ざるそばなどが割引となっています。

おかげで、ランチも夕食も割引となった中食で賄うことができ、自炊をしないにもかかわらず、だいぶ食費を節約できています。

中食のデメリット

一方、中食にもデメリットはあります。

塩分過多

調理されたお弁当、お惣菜は大抵味濃いめに作られるため、塩分が多く使われています。したがって、ずっとお弁当やお惣菜ばかりを食べ続けると、体が塩分過多となってしまいます。

これは中食に限らず外食もそうですが、せめて休日など時間のある時くらいは、自炊をして塩分控えめな食事を心がけるようにしましょう。

脂肪、炭水化物が多い

中食として売られるお弁当、お惣菜は多くの人が好きなメニューに偏りがちです。となると、肉がメインのものや、ご飯ものなどが多くなりがちです。

確かに、から揚げ弁当、カツ丼、チャーハンのような脂肪や炭水化物メインの中食はおいしいのですが、なるべく、肉やごはん以外にも様々な食材がバランスよく入った幕の内弁当のようなものを選ぶようにしましょう。

野菜が少ない

脂肪、炭水化物が多いお弁当、お惣菜は逆に野菜が少ないです。やはりバランスのいいお弁当などを選ぶようにしたほうがいいですが、どうしてもお弁当、お惣菜だけでは十分な野菜を摂取するのは難しいです。

そこで、他に生野菜やサラダを買ったりして、野菜を多く摂るようにしましょう。

わたしがよく食べているのは、プチトマトです。プチトマトであれば、包丁で切る必要もなく、洗うだけで手軽に食べることができます。また栄養価も高いので、忙しい一人暮らしにはおすすめの野菜です。

中食で豪華に家飲みも

お酒が飲みたくなって仕事帰りにふらっと一人で居酒屋へ飲みに行くと、なんだかんだで結構なお金がかかるものです。であれば、スーパーのお惣菜をいくつも買い込んで、中食で家飲みをした方が、安くかつ豪華にお酒と食事を楽しめます。

仕事帰りに飲みたくなったら、居酒屋でなくスーパーに立ち寄って、家飲みに切り替えて節約しつつ楽しむようにするといいですよ。

コンビニの中食はどう?

昔、仕事で帰りが遅くなるとよくコンビニで弁当を買って食べていました。しかし、コンビニ弁当は保存料が多く含まれており、何日経っても腐らないくらい添加物まみれというのを知ってから、コンビニでは一切、お弁当やお惣菜を買わなくなりました。

ではコンビニで売っている中食は全てダメか?というとそんなことはありません。

サバや鮭の塩焼き、サバやニシンの煮物のような魚の総菜などは、中食として利用する価値はあるでしょう。スーパーも閉まっている夜にコンビニで夕食を買うときは、魚の惣菜をおすすめしたいですね。

中食に最適!都内最強スーパーはここ!

さて、最後に中食に最適な都内最強スーパーをご紹介します。それは、オーケーストアです。都内各所にチェーン展開しているスーパーでは、間違いなく最強の安さを誇るでしょう。

野菜やお肉、お魚をはじめ食料品全般いずれも安いのですが、特筆すべきはお弁当、お惣菜です。

お弁当は198円(税抜)~で販売されており、大変リーズナブルです。そしておにぎりはなんと1個50円(税抜)~で販売されているから驚きです。以前、西友のおにぎりが65円(税抜)で売っていてあまりの安さにびっくりした記憶がありますが、それをはるかにしのぐ安さ!

しかも、これらお弁当、お惣菜がどれも美味しいんですよ。ちなみに私の一押しは、お惣菜の鶏天です。

そして、なんとオーケーストアの会員になると、食料品が毎回3パ―セント相当額割引になるんです!カード発行費用で100円かかりますが、入会金・年会費は無料です。スーパーはポイントが貯まるよりも、その場で現金値引きしてくれた方がうれしいですよね!

今わたしの住まいの近くにオーケーストアがあるんですが、こちらのお弁当、お惣菜をヘビーローテーションしています。少なくとも、一人暮らしをしている間は、オーケーストアの近くから離れて引っ越すことはないでしょう。その位気に入っているスーパーです。

オーケーストア公式HP:http://www.ok-corporation.co.jp/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

中食について、メリットやデメリット、中食のおすすめの利用の仕方やおすすめのスーパーなどをご紹介してきました。

一人暮らしにとって、中食の存在は本当に助かります。今後は中食のデメリットである塩分を控えめにした、ヘルシーなお弁当やお惣菜が増えてくることを期待しています。

一人暮らしぼっちは入らないと損!Amazonプライムを超オススメします

もしあなたがわたしと同じ一人暮らしのぼっちなら、インターネット通販で有名なAmazonの有料サービス「Amazonプライム」を強くオススメします。

Amazonプライムは年額3,900円の有料サービスです。

3,900円と聞いて「高い!」

と思った方、年額ですからね。

月換算すると325円で利用できます。めっちゃ安くないですか!?

毎月支払う月額会員の場合なら、月400円で利用できます。

特典豊富でとってもお得なので、年額有料会員がオススメです。では何がオススメなのか、以下詳しくご紹介します。

Amazonプライムのメリット①:配送料、お急ぎ便、お届け日指定便が無料

Amazonは注文金額が2,000円未満の場合、配送料350円かかります。

しかし、Amazonプライム会員なら、注文金額にかかわらず配送料無料。

さらにオプションのお急ぎ便やお届け日時指定便も無料で利用することが出来ますよ。

表にすると下記の通り。

オプション一般会員プライム会員
配送料(2000円未満)350円無料
お急ぎ便360円無料
当日お急ぎ便514円無料
日時指定便360円無料

配送料は350円なので、月に1回でもAmazonを利用する人は、これだけで元が取れます!

通販を利用する際、わたしは「送料無料まであと○円だから、何か買わないと」と送料対策で無駄遣いしがちでした。Amazonプライムを知ってからは、この特典に大変助かっています。

注意:配送特典が利用できる商品は、価格の横にプライムマークが付いている物のみとなります。

配送料無料のAmazonプライムの詳細はこちら(公式HP)

Amazonプライムのメリット②:タイムセールに30分早く参加可能

Amazonでは毎日様々な商品がお得に購入できるタイムセールを開催します。

プライム会員ならそのタイムセールに一般会員より30分早く参加できます。

人気商品だと、タイムセール開始前にプライム会員によって売り切れとなる可能性も。

セールタイプが「プライム会員先行タイムセール」とある商品が先行入場可能です。

Amazonプライムのメリット③:ドラマ・映画・アニメが見放題のプライムビデオ

Amazonプライム会員ならドラマ・映画・アニメなどプライム対象作品が見放題。

パソコンやスマートフォンのほか、テレビでも視聴可能。

わたしはAmazonプライム会員になってから、テレビを観る時間がめっきり減りました。それだけAmazonプライムビデオには観たいコンテンツが豊富にあるということです!

これだけのためにAmazonプライム会員になっても十分元が取れますよ。

30日間無料で試せるプライム・ビデオの詳細はこちら

Amazonプライムのメリット④:100万曲以上が聴き放題のPrime Music

Amazonプライム会員なら、J-POPやジャズ、クラシックなど100万曲以上が聴き放題。

音楽の専門家がつくったプレイリストも用意されており、気分次第で気軽にBGMを楽しめます。

自分好みのジャンルが24時間楽しめる「プライムラジオ」

Prime Musicの機能では「プライムラジオ」が特にオススメです。

プライムラジオは、Prime Music対象の楽曲をジャンル別に、24時間いつでも、途切れることなくお楽しみいただけるラジオ機能です。J-POPやポップス、ジャズなど、お好みのジャンルステーションを聴きながら、親指マークが上を向いた”サムアップ(=お気に入り)”あるいは親指マークが下を向いた”サムダウン(=気に入らない)”を選択していくと、どんどん自分好みの楽曲が流れるステーションに変わっていきます。

音楽のエキスパートが選曲した、一定数の楽曲を決まった曲順でお楽しみいただくプライムプレイリストとは異なり、途切れることなく、ランダムに楽曲を再生するのが特徴です。

プライムラジオなら、自分の好きなジャンルを選ぶとエンドレスで音楽が再生されます。

曲の好き嫌いを選択することで、自分好みの音楽のみ再生されるオリジナルラジオとなります。

プレイリスト同様終わることもなく流れるので、作業用BGMにも最適です。ちなみに、わたしはいつもジャズを流しっぱなしにしていますよ。

100万曲以上が聴き放題のPrime Musicの詳細はこちら

さらに、新曲から名盤まで4,000万曲聞き放題の、Amazon Music Unlimitedも!

月額980円(Amazonプライム会員は月額780円)で、音楽好きも満足できるサービスを楽しめますよ。

4,000万曲以上が聴き放題のAmazon Music Unlimitedの詳細はこちら

Amazonプライムのメリット⑤:プライムフォトで写真を無制限に保存し放題

Amazonプライム会員なら、スマホやデジカメで撮った写真をプライムフォトに無制限に保存できます。

スマホ、タブレット、パソコンで共有できるので、スマホなどのデータ残量も気にする必要ありません。

わたしはぼっち旅で撮った大量の写真を保管しています。

容量無制限で写真を保存できるプライムフォトの詳細はこちら

Amazonプライムのメリット⑥:Amazonパントリーが利用できる

Amazonプライム会員は、食品・日用品をまとめて1箱290円で届けてくれる「Amazonパントリー」を利用できます。

普段スーパーで購入するような商品を、一箱にまとめて届けてくれます。

手数料は290円かかるものの、「対象商品○点購入で手数料無料」というキャンペーンをよくやっており、実質手数料無料で利用できます。

忙しい一人暮らしの方には重宝するサービスと言えますね。

毎日使うものをまとめて届けてもらえるAmazonパントリーの詳細はこちら

Amazonプライムのメリット⑦:商品が1時間以内に届くPrime Now

東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県を始めとする対象エリア限定ですが、注文から1時間以内に商品が届くサービス「Prime Now(プライム・ナウ)」を利用できます。

利用できる地域は限られますが、対象地域の方にはかなり便利なサービスです。今後サービスエリアは拡充していくでしょう。

1時間以内の配送は890円、2時間便は配送料無料で利用できます。

必要な商品を今すぐ届けてもらえるPrime Nowの詳細はこちら

Amazonプライムのメリット⑧:Amazonダッシュボタンが利用可能

Amazonプライム会員なら、ボタンを押すだけで対象商品を届けてくれるサービス「Amazonダッシュボタン」も利用できます。

たとえば冷蔵庫などに設置しておき「もうじき無くなるな」と思ったらポチッと押すだけ!

このボタンは購入に500円かかりますが、ダッシュボタンでの初回注文時に500円引きとなるため、実質無料で利用できます。

生活必需品をつい買い忘れがちな方には、おすすめのサービスです!

ワンプッシュで商品を届けてくれるダッシュボタンの詳細はこちら

Amazonプライムのメリット⑨:Kindle・Fireタブレットが4,000円引きで購入可能

Amazonプライム会員なら、電子書籍リーダー「Kindle(キンドル)」、「Fireタブレット」を4,000円引きで購入できます。

Kindle、Fireタブレットを買いたいなら、3,900円払ってプライム会員になった方がお得と言えますね!

『電子書籍って使いづらいんじゃない?』

と思う方もいるでしょうが、Kindleはとても見やすく使いやすいですよ。電子書籍が初めての人にもオススメできます!

Kindle・Fireタブレットについての詳細はこちら

Amazonプライムのメリット⑩:Kindleオーナーライブラリーで電子書籍が毎月1冊無料

Amazonプライム会員で、KindleまたはFireタブレットを所有している方は、毎月1冊電子書籍を無料で読めます。

無料で読める作品はKindleオーナーライブラリー対象タイトルのみですが、読書好きにオススメのサービスです。 これだけで会費の元が取れますね。

毎月1冊無料で読めるKindleオーナーライブラリーの詳細はこちら

学生はPrime Studentに入らないと損!6か月無料ですよ!

学生向けサービス「Prime Student」は、入らないと絶対に損です!

プライムビデオ・Prime Musicなど一部特典は利用できませんが、6ヶ月の無料体験が可能です。

さらに、有料会員に移行しても、年会費は通常のプライム会員より2,000円も安い1,900円。月換算で159円という破格の安さです。

しかも現在、新規登録から30日以内にプライムビデオを視聴(有料会員に移行)すると、2,000円分のクーポンをゲットできます。

年会費が1,900円で2,000円分のクーポンがもらえるため、Prime Student有料会員になれば100円得するんです!

正直、学生がうらやましいですね。

書籍のポイント10%還元など、Prime Student会員限定サービスもありますよ。

学生なら6ヶ月無料で試せるPrime Studentの詳細はこちら

まとめ

以上、Amazonプライム会員のお得な特典を紹介しました。

最後にもう一度まとめるとこんな感じ。

  • 配送料、お急ぎ便、お届け日指定便が無料
  • タイムセールに30分早く参加できる
  • 映画やドラマ、アニメが見放題「プライムビデオ」
  • 邦楽や洋楽、クラシックなど100万曲以上が聴き放題「Prime Music」
  • 写真を無制限に保存しできる「プライムフォト」
  • 必要なものがまとめて届く「Amazonパントリー」
  • 商品が1時間以内に届く「Prime Now」
  • ワンプッシュで商品が届く「Amazonダッシュ・ボタン」
  • Kindle・Fireタブレットが4,000円引き
  • Kindle端末があれば電子書籍が毎月1冊無料「Kindleオーナーライブラリー」
  • 学生なら入らない理由がない「Prime Student」

これだけの特典があって、月あたり325円は破格!

特典が多すぎて細かく紹介できませんが、プライム会員は本当にオススメです。

「なんか、良さそう」と少しでも思ったら、とりあえず無料体験してみましょう。

もし、あまりメリットを感じなければ30日間の間に解約すれば費用は一切かかりません。

万一、無料体験中に解約し忘れても、プライム特典の利用がなければ全額返金されるので、ご心配なく。

一人暮らしのぼっち生活がウンと充実する超オススメのサービスなので、ぜひお試しください!

Amazonプライムの詳細&申し込みはこちら

ブログランキング
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする