職場のランチで渋々ぼっち飯しているあなた!そのメリットを生かしましょう!

毎日職場で働く会社員の男女は、職場の同僚と一緒に社員食堂や会社の外の飲食店でランチを食べることが多いでしょう。

一方、職場のランチはいつもひとりでぼっち飯しているという人も少なからずいるはず。

一人で食事していると周囲の目が気になって寂しい思いがして、本当はぼっち飯が嫌な人もいることでしょう。

でもぼっち飯は決して寂しいことではありませんよ。堂々としてランチを食べましょう。

ここでは職場のランチのぼっち飯のメリットについてご紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル大

ランチのぼっち飯はすでに市民権を得ています

わたしは会社員時代に転職し、2つの会社を経験しています。

最初の会社にいた頃は基本的に課のメンバーが早番遅番に分かれて、一緒に社員食堂でランチを食べるスタイルでした。

たまに数人で外へ食べに行くこともありましたが、いずれにせよぼっち飯状態となることはありませんでした。

2つめの会社は社員食堂がなかったため、同じ課のメンバー数人で毎回外へ食べに行きました。

その後勤務地が移転し、オフィスのビル共用の社員食堂が使えるようになってからはそこを利用するようになりましたが、年々一緒にランチする仲間が減っていき、いつしか一人でランチを食べるようになりました。

その間10数年ですが、今思い返してみると年が経つにつれ、一人でランチすることに抵抗がなくなってきました。

慣れもありますが、2つめの会社の移転後の社員食堂には一人で食事できる用のカウンター席があったからかもしれません。

そう、年々ぼっち飯は市民権を得てきており、社員食堂などでもカウンター席は増えてきているんですよね。

大学の学食でもぼっち飯用の敷居のあるお一人様席が増えてきているようで、今ではぼっち飯は決して寂しかったり恥ずかしかったりするものではないんです。

職場のランチでぼっち飯することのメリット

それでは職場のランチでぼっち飯することのメリットを挙げていきましょう。

気楽

ランチのぼっち飯は連れがいないため気楽です。

食べるのが遅いと周りを待たせてしまうため焦って食べてしまいがちですが、一人のぼっち飯なら自分のペースでゆっくり食事ができますね。

ちょっとお行儀が悪いですがスマホで情報収集しながら食事もできます。

好きなものを食べられる

数人のグループでランチする場合、行く店によってはあなたが食べたいものを食べられないかもしれません。

その点、ぼっち飯のランチならあなたの好きなものを食べに行くことができます。

昨日飲み過ぎたならランチを軽めにしたり、いいことがあれば自分へのちょっとしたご褒美に豪華なランチを食べたっていいんです。

日中仕事をしている間の唯一の楽しみと言えばお昼休みのランチです。

そのランチで自由に好きなものを食べられるというのは非常に大きなメリットですね。

財布の心配がいらない

職場の仲間とランチに行く際、どうしてもある程度の出費がかかりますね。

格安の社員食堂があればいいですが、そんないい環境に常に恵まれるとは限りません。

ちょっと金欠気味でランチ代を抑えたい場合、ぼっち飯のランチならファーストフードやコンビニのおにぎりなどで済ませたり、自分でお弁当を作ることで安く済ませることができますね。

銀行や郵便局に行ける

外回りの営業マンならともかく、内勤の仕事をしている人が日中に銀行や郵便局に行きたい場合、お昼休みを利用して行かないといけませんね。

ぼっち飯のランチなら手早く食事を済ませたりして時間の都合を自由につけられるので、お昼休みに銀行や郵便局に行く時間を作りやすいですね。

昼寝できる

ランチで食事をした後、午後の仕事はどうしても眠くなりがちです。

わたしがサラリーマンだった頃はいつもお昼休み明けは眠くなりました。

でもランチをぼっち飯で過ごすようになってからはお昼休みの時間に余裕ができ、職場の自席に戻った後10~15分ほど昼寝をすることができました。

おかげで午後は眠気を感じることなく生産的に仕事に取り掛かれました。

お弁当などを自席で食べて済ませるなら、昼寝の時間はさらにたっぷりとることができますね。

午後の仕事の準備に取り掛かれる

その日仕事が終わった後に大事な用事があって早く帰りたかったり、午後一に重要な打ち合わせなどがある日もあることでしょう。

そんな日のランチは一人でささっと済ませてしまえば、残りのお昼休みの時間を利用して早めに午後の仕事の準備に取り掛かることもできます。

ぼっち飯のランチならお昼休みの時間を自由に臨機応変に活用することができますね。

ちなみに今のわたしはこうしてます

今の私はサラリーマンを辞めて個人事業主として一人で働いています。

当然ランチも一人で、月火木金はスーパーや総菜屋のお弁当などを買って事務所で済ませています。

誰に気兼ねする必要もありませんから、パソコンで情報収集したりしながらのんびり食事しています。

毎日ずっとお弁当ではちょっと味気ないため、水曜日だけ外出して定食屋などでおいしいランチをいただいてメリハリをつけていますね。

飲食店で食事をしていて店内を見渡すと、わたし以外にもぼっち飯をしている人はかなり多いです。

男性に限らず女性のぼっち飯も多く目にしますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

職場のランチのぼっち飯のメリットについてご紹介してきました。

今渋々ぼっち飯のランチを食べているあなた、これからはぜひ堂々とぼっち飯をしてください。

ちなみに、ぼっち飯そのものについてのメリットやおすすめのお店についてはこちらの記事でご紹介しているので、ぜひご覧ください。

ぼっち飯が好き!メリットは?ぼっち飯初心者におすすめの外食もご紹介

一人暮らしぼっちは入らないと損!Amazonプライムを超オススメします

もしあなたがわたしと同じ一人暮らしのぼっちなら、インターネット通販で有名なAmazonの有料サービス「Amazonプライム」を強くオススメします。

Amazonプライムは年額3,900円の有料サービスです。

3,900円と聞いて「高い!」

と思った方、年額ですからね。

月換算すると325円で利用できます。めっちゃ安くないですか!?

毎月支払う月額会員の場合なら、月400円で利用できます。

特典豊富でとってもお得なので、年額有料会員がオススメです。では何がオススメなのか、以下詳しくご紹介します。

Amazonプライムのメリット①:配送料、お急ぎ便、お届け日指定便が無料

Amazonは注文金額が2,000円未満の場合、配送料350円かかります。

しかし、Amazonプライム会員なら、注文金額にかかわらず配送料無料。

さらにオプションのお急ぎ便やお届け日時指定便も無料で利用することが出来ますよ。

表にすると下記の通り。

オプション一般会員プライム会員
配送料(2000円未満)350円無料
お急ぎ便360円無料
当日お急ぎ便514円無料
日時指定便360円無料

配送料は350円なので、月に1回でもAmazonを利用する人は、これだけで元が取れます!

通販を利用する際、わたしは「送料無料まであと○円だから、何か買わないと」と送料対策で無駄遣いしがちでした。Amazonプライムを知ってからは、この特典に大変助かっています。

注意:配送特典が利用できる商品は、価格の横にプライムマークが付いている物のみとなります。

配送料無料のAmazonプライムの詳細はこちら(公式HP)

Amazonプライムのメリット②:タイムセールに30分早く参加可能

Amazonでは毎日様々な商品がお得に購入できるタイムセールを開催します。

プライム会員ならそのタイムセールに一般会員より30分早く参加できます。

人気商品だと、タイムセール開始前にプライム会員によって売り切れとなる可能性も。

セールタイプが「プライム会員先行タイムセール」とある商品が先行入場可能です。

Amazonプライムのメリット③:ドラマ・映画・アニメが見放題のプライムビデオ

Amazonプライム会員ならドラマ・映画・アニメなどプライム対象作品が見放題。

パソコンやスマートフォンのほか、テレビでも視聴可能。

わたしはAmazonプライム会員になってから、テレビを観る時間がめっきり減りました。それだけAmazonプライムビデオには観たいコンテンツが豊富にあるということです!

これだけのためにAmazonプライム会員になっても十分元が取れますよ。

30日間無料で試せるプライム・ビデオの詳細はこちら

Amazonプライムのメリット④:100万曲以上が聴き放題のPrime Music

Amazonプライム会員なら、J-POPやジャズ、クラシックなど100万曲以上が聴き放題。

音楽の専門家がつくったプレイリストも用意されており、気分次第で気軽にBGMを楽しめます。

自分好みのジャンルが24時間楽しめる「プライムラジオ」

Prime Musicの機能では「プライムラジオ」が特にオススメです。

プライムラジオは、Prime Music対象の楽曲をジャンル別に、24時間いつでも、途切れることなくお楽しみいただけるラジオ機能です。J-POPやポップス、ジャズなど、お好みのジャンルステーションを聴きながら、親指マークが上を向いた”サムアップ(=お気に入り)”あるいは親指マークが下を向いた”サムダウン(=気に入らない)”を選択していくと、どんどん自分好みの楽曲が流れるステーションに変わっていきます。

音楽のエキスパートが選曲した、一定数の楽曲を決まった曲順でお楽しみいただくプライムプレイリストとは異なり、途切れることなく、ランダムに楽曲を再生するのが特徴です。

プライムラジオなら、自分の好きなジャンルを選ぶとエンドレスで音楽が再生されます。

曲の好き嫌いを選択することで、自分好みの音楽のみ再生されるオリジナルラジオとなります。

プレイリスト同様終わることもなく流れるので、作業用BGMにも最適です。ちなみに、わたしはいつもジャズを流しっぱなしにしていますよ。

100万曲以上が聴き放題のPrime Musicの詳細はこちら

さらに、新曲から名盤まで4,000万曲聞き放題の、Amazon Music Unlimitedも!

月額980円(Amazonプライム会員は月額780円)で、音楽好きも満足できるサービスを楽しめますよ。

4,000万曲以上が聴き放題のAmazon Music Unlimitedの詳細はこちら

Amazonプライムのメリット⑤:プライムフォトで写真を無制限に保存し放題

Amazonプライム会員なら、スマホやデジカメで撮った写真をプライムフォトに無制限に保存できます。

スマホ、タブレット、パソコンで共有できるので、スマホなどのデータ残量も気にする必要ありません。

わたしはぼっち旅で撮った大量の写真を保管しています。

容量無制限で写真を保存できるプライムフォトの詳細はこちら

Amazonプライムのメリット⑥:Amazonパントリーが利用できる

Amazonプライム会員は、食品・日用品をまとめて1箱290円で届けてくれる「Amazonパントリー」を利用できます。

普段スーパーで購入するような商品を、一箱にまとめて届けてくれます。

手数料は290円かかるものの、「対象商品○点購入で手数料無料」というキャンペーンをよくやっており、実質手数料無料で利用できます。

忙しい一人暮らしの方には重宝するサービスと言えますね。

毎日使うものをまとめて届けてもらえるAmazonパントリーの詳細はこちら

Amazonプライムのメリット⑦:商品が1時間以内に届くPrime Now

東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県を始めとする対象エリア限定ですが、注文から1時間以内に商品が届くサービス「Prime Now(プライム・ナウ)」を利用できます。

利用できる地域は限られますが、対象地域の方にはかなり便利なサービスです。今後サービスエリアは拡充していくでしょう。

1時間以内の配送は890円、2時間便は配送料無料で利用できます。

必要な商品を今すぐ届けてもらえるPrime Nowの詳細はこちら

Amazonプライムのメリット⑧:Amazonダッシュボタンが利用可能

Amazonプライム会員なら、ボタンを押すだけで対象商品を届けてくれるサービス「Amazonダッシュボタン」も利用できます。

たとえば冷蔵庫などに設置しておき「もうじき無くなるな」と思ったらポチッと押すだけ!

このボタンは購入に500円かかりますが、ダッシュボタンでの初回注文時に500円引きとなるため、実質無料で利用できます。

生活必需品をつい買い忘れがちな方には、おすすめのサービスです!

ワンプッシュで商品を届けてくれるダッシュボタンの詳細はこちら

Amazonプライムのメリット⑨:Kindle・Fireタブレットが4,000円引きで購入可能

Amazonプライム会員なら、電子書籍リーダー「Kindle(キンドル)」、「Fireタブレット」を4,000円引きで購入できます。

Kindle、Fireタブレットを買いたいなら、3,900円払ってプライム会員になった方がお得と言えますね!

『電子書籍って使いづらいんじゃない?』

と思う方もいるでしょうが、Kindleはとても見やすく使いやすいですよ。電子書籍が初めての人にもオススメできます!

Kindle・Fireタブレットについての詳細はこちら

Amazonプライムのメリット⑩:Kindleオーナーライブラリーで電子書籍が毎月1冊無料

Amazonプライム会員で、KindleまたはFireタブレットを所有している方は、毎月1冊電子書籍を無料で読めます。

無料で読める作品はKindleオーナーライブラリー対象タイトルのみですが、読書好きにオススメのサービスです。 これだけで会費の元が取れますね。

毎月1冊無料で読めるKindleオーナーライブラリーの詳細はこちら

学生はPrime Studentに入らないと損!6か月無料ですよ!

学生向けサービス「Prime Student」は、入らないと絶対に損です!

プライムビデオ・Prime Musicなど一部特典は利用できませんが、6ヶ月の無料体験が可能です。

さらに、有料会員に移行しても、年会費は通常のプライム会員より2,000円も安い1,900円。月換算で159円という破格の安さです。

しかも現在、新規登録から30日以内にプライムビデオを視聴(有料会員に移行)すると、2,000円分のクーポンをゲットできます。

年会費が1,900円で2,000円分のクーポンがもらえるため、Prime Student有料会員になれば100円得するんです!

正直、学生がうらやましいですね。

書籍のポイント10%還元など、Prime Student会員限定サービスもありますよ。

学生なら6ヶ月無料で試せるPrime Studentの詳細はこちら

まとめ

以上、Amazonプライム会員のお得な特典を紹介しました。

最後にもう一度まとめるとこんな感じ。

  • 配送料、お急ぎ便、お届け日指定便が無料
  • タイムセールに30分早く参加できる
  • 映画やドラマ、アニメが見放題「プライムビデオ」
  • 邦楽や洋楽、クラシックなど100万曲以上が聴き放題「Prime Music」
  • 写真を無制限に保存しできる「プライムフォト」
  • 必要なものがまとめて届く「Amazonパントリー」
  • 商品が1時間以内に届く「Prime Now」
  • ワンプッシュで商品が届く「Amazonダッシュ・ボタン」
  • Kindle・Fireタブレットが4,000円引き
  • Kindle端末があれば電子書籍が毎月1冊無料「Kindleオーナーライブラリー」
  • 学生なら入らない理由がない「Prime Student」

これだけの特典があって、月あたり325円は破格!

特典が多すぎて細かく紹介できませんが、プライム会員は本当にオススメです。

「なんか、良さそう」と少しでも思ったら、とりあえず無料体験してみましょう。

もし、あまりメリットを感じなければ30日間の間に解約すれば費用は一切かかりません。

万一、無料体験中に解約し忘れても、プライム特典の利用がなければ全額返金されるので、ご心配なく。

一人暮らしのぼっち生活がウンと充実する超オススメのサービスなので、ぜひお試しください!

Amazonプライムの詳細&申し込みはこちら

ブログランキング
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする