自営業者必見!国民年金の付加年金メリット・デメリットは?追納も可?

a5e1f5fc8b8a7ae28342c6be0f8b7c8c_s

会社にお勤めのサラリーマン・OL以外の、自営業者(個人事業主)は毎月、国民年金保険料を支払っていると思います。

その国民年金には、大変お得な制度である『付加年金』というものがあるのをご存知ですか?

ここでは付加年金の制度について、メリットとデメリットを中心にご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

付加年金とは?

434107de3f46157aa5cfb58825d2d151_s

付加年金とは、「老齢基礎年金の上乗せ年金」といった位置づけで、国民年金の受給額を増やせるものです。

毎月支払う国民年金に付加して支払う年金ということですが、支払う金額は毎月たったの400円

どれだけお得なのかはこの後のメリットのところで詳しくお伝えしますが、この付加年金、国民年金を支払っている人に対して、お役所が教えてくれるわけではありません。

付加年金の制度があることを知った人が申し込む任意の年金なのです。個人事業主であるわたしも、もちろん手続き済みですが、当初は付加年金の存在を知りませんでした。

会社を辞めて独立して仕事を始めてから、お金周りに関して色々と調べた結果、こんな制度があるのかと知りました。

国ももう少しこの制度についてアピールしてほしいと思う次第です。(あまりにもお得なので加入者が増えすぎると不都合なのかもしれませんが)

付加年金のメリット

4a9c2752411dc739f096476fc6a15e6c_s

付加年金については、以下のメリットが挙げられます。

死ぬまで生涯受給できる

付加年金は、65歳(老齢基礎年金受給権発生)から死ぬまで、毎年ずっともらうことができるのです。つまり長生きすればするだけお得な制度と言えます。

昨今の日本人の平均寿命の延びを考えると、生涯にわたって年金受給額が増えるというのはうれしいですね。

400円掛け金にプラスするだけで2年で元が取れる

例を挙げると、付加年金に加入し、30年(360か月)の間、付加保険料を支払い続けたとします。付加保険料は1か月400円なので、計算式は『360か月×400円』となり、付加保険料納付合計額は144,000円となります。

これに対し、受給できる付加年金は、『納付した月数×200円』です。計算すると『360か月×200円』で72,000円となります。

つまり、65歳からのたった2年間でそれまでに支払ってきた付加年金の元金分を取り戻すことができるんです2年以上生きれば生きるほど得をするというわけです。

仮に、付加年金という制度の存在に長いこと気づかなかったり、何らかの要因でずっと加入できず、わずか2年間だけ加入して付加保険料を支払ったとします。

そうすると付加保険料納付合計額は『24か月×400円』で96,00円となります。そして、もらえる付加年金は『24か月×200円』で4,800円です。やはり、2年間で元が取れてしまいます。

つまり早いうちに申し込むに越したことはありませんが、短期間だけ加入してもお得な制度であることに変わりはないのです。

通常の国民年金であれば、7~8年程度年金が支給されてようやく元が取れることを考えると、ちょっとこのメリットはあまりに美味しすぎて信じがたいところですが、なんとかこの付加年金制度は現行のままずっと続いてほしいところです。

個人型確定拠出年金と併用可能

2017年1月に法改正され加入対象が広がる、個人型確定拠出年金(通称:iDeCo)との併用が可能です。

この個人型確定拠出年金は、最強の節税対策ともいわれているほど、大変お得な年金制度です。

詳しくはまた別の記事でご紹介したいと思いますが、この大変お得な個人型確定拠出年金と合わせて個人年金を積み立てていくことで、収入の不安定な自営業者・個人事業主の老後の不安も解消されます。

注意点としては、自営業者・個人事業主の場合、個人型確定拠出年金と付加年金を併用すると、個人型確定拠出年金の掛け金は月額最大68,000円のところ、付加年金に加入すると、67,000円になります。

付加年金の400円だけ引かれて67,600円かと思いがちですが、個人型確定拠出年金の掛け金は1,000円単位のため、67,000円となるのです。

節税に回せるお金が減り少し損した気分かもしれませんが、付加年金のリターンのすごさを考えれば、気にすることはないでしょう。

所得控除され節税になる

国民年金と同様、付加年金も保険料控除対象なので、掛け金全額が所得控除され、所得税、住民税の節税になります。掛け金は小さくても、塵も積もれば山となる、ですよ。

特例納付制度

本来、付加保険料を納付期限までに納付しなかった場合、辞退したとみなされて、それ以降付加保険料の納付が認められなくなり、納付した付加保険料は還付されます。

しかし、期間限定で、おさめることのできなかった付加保険料を過去10年間までさかのぼって納付することが可能となりました。

それが特定納付制度です。この制度は、平成28年4月から平成31年3月末までの3年間のみとなります。

かつて付加保険料を納めていたけれど、何らかの理由により納付できなくなった人にとっては、自分の年金を増やすチャンスなので、必ず申し込むようにした方がいいでしょう。

付加年金のデメリット

1c76a3f20a4bc49bd75ff43f3387876c_s

一方、以下が付加年金のデメリットになります。

第1号被保険者以外は加入できない

付加年金は、国民年金を直接払っている人(第1号被保険者)だけに加入を認められています。つまり、会社員や公務員の第2号被保険者はもちろん、第3号被保険者であるサラリーマンの配偶者も加入できません。

まさに厚生年金や共済年金をもらえない自営業者・個人事業主、農家の方のためのお得な年金と言えますね。

掛け金が少額で固定

毎月の掛け金が400円と少額で、増額できないのはちょっと残念ですね。

しかし、日本の国家財政が借金まみれの中、2年で元が取れる=年利50%という信じられない金融商品を運用すると考えれば、あまり声高には言えませんね。

インフレに弱い

国民年金は、将来的にインフレが起きて物価が上昇すると、物価に合わせて受け取れる年金受給額も増えます。

一方、付加年金は受け取れる金額が固定されているため、たとえインフレとなっても受給額は変わらないままです。

つまり、物価が2倍になったとすると、受給する付加年金の価値は半分になってしまうことになります。付加年金はインフレに弱いんですね。

これに対処するには、インフレに強い何かを行う必要があります。それが、先ほども出てきた確定拠出年金なのです。インフレに強い仕組みとなっている確定拠出年金にも加入することで、インフレ対策を行いましょう。

国民年金の免除者は不可

収入が減少したり、途絶えてしまった際に国民年金を一部免除、全額免除できますが、免除している人は付加年金の申込みができませんので、ご注意ください。

普通に考えて、メインの国民年金を払わずに、付加年金だけお得だから払うなんて人がいたら、虫が良すぎますよね。

追納(過去分をさかのぼって納付)は不可

付加年金のメリットにも挙げた通り、平成31年3月末までの特例納付制度で、過去に付加年金に加入したものの、何らかの理由で納付が遅れた人に対し、過去10年にさかのぼって納付できるようになりました。

しかし、これはあくまで過去に付加年金の加入を申し込んでいる人が対象です。(対象者には市区町村の役所から届けが来ます)

わたしは会社員を辞めて個人事業主になったのが約5年前で、その5年間国民年金はきちんと払っていますが、付加年金の存在に気づき、加入を申し込んだのは約1年前でした。

付加年金は申し込んだ時が最初の納入とみなされます。つまり、付加年金の制度を知らずに過ごした約4年間分の付加年金をさかのぼって納付することはできないんです。

もし、5年前から付加年金に加入していれば、4年分の48か月×400円=19,200円を納入し、付加年金として、48か月×200円=9,600円×65歳以上で生きた年分をプラスアルファで受領できたことになります。

自分自身の勉強不足とはいえ、わたしにとっての最も大きい付加年金のデメリットはこれですね。

国民年金基金との併用ができない

個人型確定拠出年金と異なり、国民年金基金にすでに加入している人は、付加年金の加入ができません。国民年金基金の中に付加年金と同様のシステムが存在することが理由とされています。

しかし、わたしはこれは決してデメリットではないと考えます。

節税対策となる国民年金基金と個人型確定拠出年金はどちらか一方のみ加入できますが、運用利率が年々低下し続けている民年金基金より、個人型確定拠出年金の方が大きく運用成績を伸ばすことができ、おすすめだからです。

前述した個人型確定拠出年金のインフレの強さも合わせて、付加年金と個人型確定拠出年金の併用加入がベストでしょう。

付加年金を申し込むには?

付加年金の申込みは至って簡単です。年金手帳印鑑(印鑑登録したもの)をもって、お住まいの市区町村の役所へ行きましょう。

そして、付加年金に加入したい旨を国民年金の窓口担当に伝えれば書類を渡されます。そちらに記入後、再度窓口担当に渡せばOKです。

まとめ

e9b7a932cb5640f2000e8a7eba3bd3cf_s

いかがでしたでしょうか。

少額とはいえ、あまりにもお得過ぎる付加年金についてご紹介してきました。

本当にお得過ぎるため、この制度がいつまで存続するか、わたしが年金受給するまでこのまま続いてくれるか、保証はありません。

それでも付加年金はあくまで付加的な年金で、金額自体は大きな負担になるものでもないですし、自営業者・個人事業主は絶対に加入しておきましょう。

一人暮らしぼっちは入らないと損!Amazonプライムを超オススメします

もしあなたがわたしと同じ一人暮らしのぼっちなら、インターネット通販で有名なAmazonの有料サービス「Amazonプライム」を強くオススメします。

Amazonプライムは年額3,900円の有料サービスです。

3,900円と聞いて「高い!」

と思った方、年額ですからね。

月換算すると325円で利用できます。めっちゃ安くないですか!?

毎月支払う月額会員の場合なら、月400円で利用できます。

特典豊富でとってもお得なので、年額有料会員がオススメです。では何がオススメなのか、以下詳しくご紹介します。

Amazonプライムのメリット①:配送料、お急ぎ便、お届け日指定便が無料

Amazonは注文金額が2,000円未満の場合、配送料350円かかります。

しかし、Amazonプライム会員なら、注文金額にかかわらず配送料無料。

さらにオプションのお急ぎ便やお届け日時指定便も無料で利用することが出来ますよ。

表にすると下記の通り。

オプション一般会員プライム会員
配送料(2000円未満)350円無料
お急ぎ便360円無料
当日お急ぎ便514円無料
日時指定便360円無料

配送料は350円なので、月に1回でもAmazonを利用する人は、これだけで元が取れます!

通販を利用する際、わたしは「送料無料まであと○円だから、何か買わないと」と送料対策で無駄遣いしがちでした。Amazonプライムを知ってからは、この特典に大変助かっています。

注意:配送特典が利用できる商品は、価格の横にプライムマークが付いている物のみとなります。

配送料無料のAmazonプライムの詳細はこちら(公式HP)

Amazonプライムのメリット②:タイムセールに30分早く参加可能

Amazonでは毎日様々な商品がお得に購入できるタイムセールを開催します。

プライム会員ならそのタイムセールに一般会員より30分早く参加できます。

人気商品だと、タイムセール開始前にプライム会員によって売り切れとなる可能性も。

セールタイプが「プライム会員先行タイムセール」とある商品が先行入場可能です。

Amazonプライムのメリット③:ドラマ・映画・アニメが見放題のプライムビデオ

Amazonプライム会員ならドラマ・映画・アニメなどプライム対象作品が見放題。

パソコンやスマートフォンのほか、テレビでも視聴可能。

わたしはAmazonプライム会員になってから、テレビを観る時間がめっきり減りました。それだけAmazonプライムビデオには観たいコンテンツが豊富にあるということです!

これだけのためにAmazonプライム会員になっても十分元が取れますよ。

30日間無料で試せるプライム・ビデオの詳細はこちら

Amazonプライムのメリット④:100万曲以上が聴き放題のPrime Music

Amazonプライム会員なら、J-POPやジャズ、クラシックなど100万曲以上が聴き放題。

音楽の専門家がつくったプレイリストも用意されており、気分次第で気軽にBGMを楽しめます。

自分好みのジャンルが24時間楽しめる「プライムラジオ」

Prime Musicの機能では「プライムラジオ」が特にオススメです。

プライムラジオは、Prime Music対象の楽曲をジャンル別に、24時間いつでも、途切れることなくお楽しみいただけるラジオ機能です。J-POPやポップス、ジャズなど、お好みのジャンルステーションを聴きながら、親指マークが上を向いた”サムアップ(=お気に入り)”あるいは親指マークが下を向いた”サムダウン(=気に入らない)”を選択していくと、どんどん自分好みの楽曲が流れるステーションに変わっていきます。

音楽のエキスパートが選曲した、一定数の楽曲を決まった曲順でお楽しみいただくプライムプレイリストとは異なり、途切れることなく、ランダムに楽曲を再生するのが特徴です。

プライムラジオなら、自分の好きなジャンルを選ぶとエンドレスで音楽が再生されます。

曲の好き嫌いを選択することで、自分好みの音楽のみ再生されるオリジナルラジオとなります。

プレイリスト同様終わることもなく流れるので、作業用BGMにも最適です。ちなみに、わたしはいつもジャズを流しっぱなしにしていますよ。

100万曲以上が聴き放題のPrime Musicの詳細はこちら

さらに、新曲から名盤まで4,000万曲聞き放題の、Amazon Music Unlimitedも!

月額980円(Amazonプライム会員は月額780円)で、音楽好きも満足できるサービスを楽しめますよ。

4,000万曲以上が聴き放題のAmazon Music Unlimitedの詳細はこちら

Amazonプライムのメリット⑤:プライムフォトで写真を無制限に保存し放題

Amazonプライム会員なら、スマホやデジカメで撮った写真をプライムフォトに無制限に保存できます。

スマホ、タブレット、パソコンで共有できるので、スマホなどのデータ残量も気にする必要ありません。

わたしはぼっち旅で撮った大量の写真を保管しています。

容量無制限で写真を保存できるプライムフォトの詳細はこちら

Amazonプライムのメリット⑥:Amazonパントリーが利用できる

Amazonプライム会員は、食品・日用品をまとめて1箱290円で届けてくれる「Amazonパントリー」を利用できます。

普段スーパーで購入するような商品を、一箱にまとめて届けてくれます。

手数料は290円かかるものの、「対象商品○点購入で手数料無料」というキャンペーンをよくやっており、実質手数料無料で利用できます。

忙しい一人暮らしの方には重宝するサービスと言えますね。

毎日使うものをまとめて届けてもらえるAmazonパントリーの詳細はこちら

Amazonプライムのメリット⑦:商品が1時間以内に届くPrime Now

東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県を始めとする対象エリア限定ですが、注文から1時間以内に商品が届くサービス「Prime Now(プライム・ナウ)」を利用できます。

利用できる地域は限られますが、対象地域の方にはかなり便利なサービスです。今後サービスエリアは拡充していくでしょう。

1時間以内の配送は890円、2時間便は配送料無料で利用できます。

必要な商品を今すぐ届けてもらえるPrime Nowの詳細はこちら

Amazonプライムのメリット⑧:Amazonダッシュボタンが利用可能

Amazonプライム会員なら、ボタンを押すだけで対象商品を届けてくれるサービス「Amazonダッシュボタン」も利用できます。

たとえば冷蔵庫などに設置しておき「もうじき無くなるな」と思ったらポチッと押すだけ!

このボタンは購入に500円かかりますが、ダッシュボタンでの初回注文時に500円引きとなるため、実質無料で利用できます。

生活必需品をつい買い忘れがちな方には、おすすめのサービスです!

ワンプッシュで商品を届けてくれるダッシュボタンの詳細はこちら

Amazonプライムのメリット⑨:Kindle・Fireタブレットが4,000円引きで購入可能

Amazonプライム会員なら、電子書籍リーダー「Kindle(キンドル)」、「Fireタブレット」を4,000円引きで購入できます。

Kindle、Fireタブレットを買いたいなら、3,900円払ってプライム会員になった方がお得と言えますね!

『電子書籍って使いづらいんじゃない?』

と思う方もいるでしょうが、Kindleはとても見やすく使いやすいですよ。電子書籍が初めての人にもオススメできます!

Kindle・Fireタブレットについての詳細はこちら

Amazonプライムのメリット⑩:Kindleオーナーライブラリーで電子書籍が毎月1冊無料

Amazonプライム会員で、KindleまたはFireタブレットを所有している方は、毎月1冊電子書籍を無料で読めます。

無料で読める作品はKindleオーナーライブラリー対象タイトルのみですが、読書好きにオススメのサービスです。 これだけで会費の元が取れますね。

毎月1冊無料で読めるKindleオーナーライブラリーの詳細はこちら

学生はPrime Studentに入らないと損!6か月無料ですよ!

学生向けサービス「Prime Student」は、入らないと絶対に損です!

プライムビデオ・Prime Musicなど一部特典は利用できませんが、6ヶ月の無料体験が可能です。

さらに、有料会員に移行しても、年会費は通常のプライム会員より2,000円も安い1,900円。月換算で159円という破格の安さです。

しかも現在、新規登録から30日以内にプライムビデオを視聴(有料会員に移行)すると、2,000円分のクーポンをゲットできます。

年会費が1,900円で2,000円分のクーポンがもらえるため、Prime Student有料会員になれば100円得するんです!

正直、学生がうらやましいですね。

書籍のポイント10%還元など、Prime Student会員限定サービスもありますよ。

学生なら6ヶ月無料で試せるPrime Studentの詳細はこちら

まとめ

以上、Amazonプライム会員のお得な特典を紹介しました。

最後にもう一度まとめるとこんな感じ。

  • 配送料、お急ぎ便、お届け日指定便が無料
  • タイムセールに30分早く参加できる
  • 映画やドラマ、アニメが見放題「プライムビデオ」
  • 邦楽や洋楽、クラシックなど100万曲以上が聴き放題「Prime Music」
  • 写真を無制限に保存しできる「プライムフォト」
  • 必要なものがまとめて届く「Amazonパントリー」
  • 商品が1時間以内に届く「Prime Now」
  • ワンプッシュで商品が届く「Amazonダッシュ・ボタン」
  • Kindle・Fireタブレットが4,000円引き
  • Kindle端末があれば電子書籍が毎月1冊無料「Kindleオーナーライブラリー」
  • 学生なら入らない理由がない「Prime Student」

これだけの特典があって、月あたり325円は破格!

特典が多すぎて細かく紹介できませんが、プライム会員は本当にオススメです。

「なんか、良さそう」と少しでも思ったら、とりあえず無料体験してみましょう。

もし、あまりメリットを感じなければ30日間の間に解約すれば費用は一切かかりません。

万一、無料体験中に解約し忘れても、プライム特典の利用がなければ全額返金されるので、ご心配なく。

一人暮らしのぼっち生活がウンと充実する超オススメのサービスなので、ぜひお試しください!

Amazonプライムの詳細&申し込みはこちら

ブログランキング
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする